伊雜宮の御朱印-三重県志摩市

伊雜宮 三重県

御祭神

天照坐皇大御神御魂(あまてらしますすめおおみかみのみたま)

御由緒

当宮の創祀は、約二千年前の第十一代垂仁天皇の御代のことです。皇大神宮御鎮座の後、倭姫命が御贄地(皇大神宮へ奉る御供物を採る所)をお定めになるため、志摩国をご巡行の際に、伊佐波登美命が奉迎して、この地に当宮を創建して、皇大御神の御魂をおまつりしたと伝えられています。万葉集に「御食つ国、志摩の海人ならし、真熊野の小舟に乗りて、沖辺漕ぐ見ゆ」とも歌われているように、志摩国は風光麗しく、海産物に富み、古来神宮と朝廷のご料を貢進した地です。

伊雜宮参拝のしおりより

所在地

三重県志摩市磯部町上之郷374

御朱印授与

宿衛屋で頂きました。

伊雜宮・御朱印

関連記事:三重県の神社の御朱印・御朱印帳

三重県
スポンサーリンク
こじろーらいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました