鹿島神宮の御朱印-茨城県鹿嶋市

茨城県

御祭神

武甕槌大神(たけみかつちのおおかみ)

御由緒

神代の昔、天照大御神の命を受けた武甕槌大神は香取の経津主大神(ふつぬしのおおかみ)と共に出雲国に向かわれ、国譲りを成就し、皇孫(すめみま)の国たるべき日本の建国と建設に挺身された。とりわけ東国における神功はきわめて大きく、関東開拓の礎は、遠く大神にさかのぼる。

神武天皇はその御東征なかばにおいて思わぬ窮地に陥られたが、大神の「韴霊剣(ふつのみたまのつるぎ)」の神威により救われた。この神恩に感謝された天皇は御自らの御即位の年、大神を鹿島の地に勅祭された。皇紀元年、即ち紀元前六六〇年の頃といわれる。

鹿島神宮参拝のしおりより

所在地

茨城県鹿嶋市宮中2306-1

御朱印授与

授与所で頂きました。

鹿島神宮・御朱印

関連記事:茨城県の神社の御朱印・御朱印帳

茨城県
スポンサーリンク
こじろーらいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました