上野東照宮の御朱印-東京都台東区

上野東照宮_拝殿 東京都

御由緒

徳川家康公(東照大権現)の遺言により、1627年(寛永4年)、藤堂高虎と天海僧正によって、東叡山寛永寺境内に、家康公をお祀りする神社として建立され、1646年(正保3年)には正式に東照宮の宮号を授けられました。1651年(慶安4年)に三代将軍・徳川家光が造営替えをしたものが、現存する社殿でございます。その後、戊辰戦争でも焼失せず、関東大震災にも倒れず、第二次大戦でも不発弾を被っただけで、社殿の崩壊は免れました。江戸の面影を現在に残す、貴重な文化財でございます。

上野東照宮起源より

御祭神

  • 徳川家康公(とくがわいえやすこう)
  • 徳川吉宗公(とくがわよしむねこう)
  • 徳川慶喜公(とくがわよしのぶこう)

大石鳥居

上野東照宮_大石鳥居

拝殿

残念ながら社殿工事中で、写真を印刷した垂れ幕でした。

上野東照宮_拝殿

所在地

東京都台東区上野公園9-88

御朱印

授与所で半紙を頂きました。

上野東照宮_御朱印

関連記事:東京都の神社の御朱印・御朱印帳

東京都
スポンサーリンク
こじろーらいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました