吹揚神社の御朱印-愛媛県今治市

吹揚神社 愛媛県

御祭神

天照大神

八幡大神

事代主大神

大己貴大神

厳島大神

住吉大神

猿田彦大神

宇迦之御魂神

菅原道真

藤堂高虎

※外に数神合祀あり

御由緒

吹揚神社は往古より今治市内各所に御奉祀されていた神明宮、座王八幡宮、蛭子宮、厳島明神の四社を廃藩の際、城地が旧社地の故をもって、明治5年11月19日城内本丸に合祀鎮座されたものです。吹揚城の城名をとり「吹揚神社」とし、即時郷社に列し明治15年7月県社に昇格されました。その後、天満宮等市内の神社を次々と合祀、多数の御祭神を仰ぐに至りました。昭和14年に総合湾桧材で新築致しましたが、昭和20年の空襲によって全焼致しました。

昭和33年には、戦災復興完了致し、昭和47年神社御鎮座百年祭を執行、記念事業として城郭式神門、境内未社の総てを新築、面目を一新致しました。昭和55年9月放火により再度本殿拝殿等を全焼致しましたが直ちに復興、昭和58年3月には現社殿が立派に竣工落成し今日に至っています。

現在の境内地は城跡全域7000坪にのぼり、四季折々の神苑の花暦は、参拝者の心を和ませ、今治市民の心のふるさとと親しまれています。

吹揚神社参拝のしおりより

所在地

愛媛県今治市通町3-1-4

御朱印授与

今治城内の宮自宅で頂きました。

吹揚神社・御朱印

関連記事:愛媛県の神社の御朱印・御朱印帳

愛媛県
スポンサーリンク
こじろーらいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました