武田神社の御朱印-山梨県甲府市

武田神社 山梨県

由来

大正4年(1915年)に武田信玄墓前に従三位追贈が贈られたのをきっかけにして、山梨県で武田神社創建の機運が高まり、武田神社奉建会が設立されました。寄付金で大正8年(1919年)に社殿が竣工しました。

所在地

山梨県甲府市古府中町2611

御祭神

武田信玄(たけだしんげん)

御朱印授与

授与所で頂きました。

武田神社・御朱印

関連記事:山梨県の神社の御朱印・御朱印帳

お城なのか神社なのか

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!100名城の武田氏館に行ったつもりだったのが、何故か武田神社にいた。何を言っているのか(ry。

よく見ると、堀があって石垣があったので、城跡に神社を創建したのが分かりました。城や城跡の一角に神社があるのはよく見かけますが、城跡全体が神社となっているのは武田神社だけではないでしょうか。

境内内は非常にきれいに整備され、宝物殿には武田氏ゆかりの品々が陳列されていましたが、お城らしさは皆無。完全に地元民と武田氏のファンに愛されている神社でした。他には、宝物殿の前に寄贈されていたキティちゃんの石像の完成度の高さが印象に残りました。

山梨県
スポンサーリンク
こじろーらいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました