白神社の御朱印-広島県広島市

白神社 広島県

御祭神

主祭神

菊理媛神(くくりひめのかみ)

伊弉諾尊(いざなぎのみこと)

伊弉冉尊(いざなみのみこと)

相殿神

天御中主尊(あめのみなかぬしのみこと)

高皇産霊尊(たかみむすびのみこと)

神皇産霊尊(かみむすびのみこと)

天照大神(あまてらすおおみかみ)

御由緒

このあたりは、16世紀頃まで海であり、船がしばしば海面につきでた岩礁に衝突し遭難したので、船人は岩上に白い紙を立て、船の安全をはかる目印にしていた。その後、ここに小祠を建て”白神”と称し、毛利、福島時代には広島の総氏神として住民から尊崇されていた。昭和20年8月6日の原爆により社殿は焼失し、同30年12月に再建された。

白神社御由緒より

所在地

広島県広島市中区中町7-24

御朱印授与

授与所で頂きました。

白神社_御朱印

関連記事:広島県の神社の御朱印・御朱印帳

広島県
スポンサーリンク
こじろーらいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました