稲荷鬼王神社の御朱印-東京都新宿区

東京都

御祭神

宇賀能御魂命(うがのみたまのみこと)

月夜見命(つきよみのみこと)

大物主命(おおものぬしのみこと)

天手力男命(あめのたじからおのみこと)

御由緒

「鬼」というと私達はとかく悪いイメージをもちがちですが、古来、「鬼」は神であり「力」の象徴でもありました。又、「鬼は悪慮を祓う」といわれ、すべての災禍を祓う力があります。その為、鬼を祀ったり、鬼の名のつく社寺は全国に幾つもあります。しかし、その「鬼」の王様という意になる「鬼王」という名のある社寺は全国で当社のみです。この為、江戸時代は近在の農家の人達だけでなく、江戸から武士や商人、職人と多くの人が参拝にまいりました。現在では地図でみる新宿の中央にある唯一の神社としても注目を集め、全国から当社の御神徳を得ようとする方々が詣られております。扠この全国一社福授けの稲荷鬼王神社の由緒は下記の通りです。

古来より大久保村の聖地とされたこの地に承応二年(一六五三年)、当所の氏神として稲荷神社が建てられました。宝暦二年(一七五二年)紀州熊野より鬼王権現(月夜見命・大物主命・天手力男命)を当地の百姓・田中清右衛門が旅先での病気平癒への感謝から勧請し、天保二年(一八三一年)稲荷神社と合祀し、稲荷鬼王神社となりました。それ故、当社の社紋は稲荷紋と巴紋の二つがあるのです。紀州熊野に於いて鬼王権現は現存せず、当社はそれ故、全国一社福授けの御名があります。この鬼王権現は、湿疹・腫物を初め諸病一切に豆腐を献納し、治まるまで本人或いは代理の者が豆腐を断ち、当社で授与される「撫で守り」で患部を祈りつつ撫でれば必ず平癒するといわれ明治十五年頃まで社前の豆腐商数件がこの豆腐のみにて日々の家計を営んでいたといわれたほどでした。今日でも広く信仰されています。この信仰について江戸時代の「新編武蔵風土記」だけでなく、時代は下って文豪、永井荷風も書き記しております。尚、当社では「鬼王様」の御名に因み、節分時鬼を春の神として「福は内、鬼は内」を唱えます。

追記 明治時代に旧大久保村に散在していた、火の神である火産霊神の祠や、盗難除けの神などの大久保村の土俗の神々が合祀されました。大祭は九月十八日で、御輿はその前後の日曜・祝日に出御します。この宮御輿は鬼面の彫られた珍しいお御輿です。

追記 江戸時代に既に特異な「鬼王」という名の神社を勧請するのに地元に抵抗感が無かったのは、この土地が-文書では残っていませんが-平将門公(幼名・鬼王丸)に所縁があったのではないかとも言われています。

稲荷鬼王神社御由緒より

所在地

東京都新宿区歌舞伎町2-17-5

御朱印授与

社務所で頂きました。

稲荷鬼王神社・御朱印

関連記事:東京都の神社の御朱印・御朱印帳

東京都
スポンサーリンク
こじろーらいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました