居多神社の御朱印-新潟県上越市

新潟県

御祭神

大国主命(おおくにぬしのみこと)

奴奈川姫(ぬながわひめ)

建御名方命(たけみなかたのみこと)

御由緒

居多神社は大国主命・奴奈川姫・建御名方命(諏訪神)を祭神とする式内社である。朝廷から弘仁4年(813)に従五位下を、貞観3年(861)に従四位下をたまわった。古代、越後国司の厚い保護をうけて栄えた。

承元1年(1207)、親鸞聖人は越後国府に配流となった。居多ヶ浜に上陸した聖人は、まず越後一の宮居多神社に参拝した。以後建保2年(1214)、常陸国稲田へ旅立つまでの七年間、越後で生活した。

南北朝の動乱が一段落した貞和3年(1347)、室町幕府から社殿修造費として田井保(上越市板倉区田井)三分の二をたまわった。さらに観応2年(1351)、越後守護上杉憲顕から荒蒔保(上越市清里区荒牧)保司分を社領としてたまわった。以後、越後守護上杉家の厚い保護をうけ、越後一の宮として栄えた。

戦国時代には、京都の文化人達があいついで越後府中(直江津・五智)を訪れた。文明18年(1486)、京都常光院の僧堯恵は守護上杉房定の厚遇をうけ、至徳寺の塔頭最勝院を宿とした。滞在中、居多神社に参拝し、「天の原雲のよそまで八島もる 神や涼しきおきつしほ風」と詠んだ。京都相国寺の僧万里集九も長享2年(1488)府中を訪れ、居多神社をはじめ国分寺、安国寺など、府中の名所を見学した。堯恵、集九以外にも、たくさんの文化人が参拝した。

戦国時代、居多神社も戦乱にまきこまれた。天文2年(1533)、反長尾為景派によって社殿が焼かれた。そのため同年、為景(上杉謙信の父)は居多神社に内乱鎮定を祈願し、社殿造営を約束した。天正6年(1578)、戦国大名上杉謙信が春日山城で死去すると、用紙景勝と景虎とが家督相続をめぐって争った。これが有名な「御館の乱」である。その際、居多神社は景虎に味方したため景勝軍の攻撃をうけた。慶長3年(1598)、景勝が会津(福島県)へ移ると、晴れて帰国することが出来た。翌4年、春日山城主堀秀治から社領13石を寄進されたが、もはや昔日の面影はなかった。

江戸時代、幕府から高百石の御朱印地をたまわっていた。明治12年、海岸浸蝕のため現在地に遷座した。平成20年7月26日、新社殿造営、竣工祭。

居多神社御由緒より

所在地

新潟県上越市五智6-1-11

御朱印授与

社務所で頂きました。

居多神社・御朱印

関連記事:新潟県の神社の御朱印・御朱印帳

境内社の雁田神社

雁田神社

御祭神は高皇産霊神(たかみむすびのかみ)と神皇産霊神(かみむすびのかみ)。元気な赤ちゃんを授けてくださる神様で、居多神社で良縁に恵まれた方々は雁田神社に子宝を祈願しましょうとのことです。いかにもな石像で、非常にご利益がありそうです。

新潟県
スポンサーリンク
こじろーらいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました