【神社】静岡浅間神社-静岡県静岡市

静岡浅間神社_大拝殿 神社

御由緒

神部神社・浅間神社(二社同殿)及び大歳御祖神社の三社を総称して、静岡浅間神社(通称おせんげんさま)と申し上げる。

神部神社は第十代崇神天皇の御代、約2100年前に駿河開拓の祖神・駿河の国魂の大神として鎮座され、延喜式内社であり、平安時代には駿河国総社となる。『国内神名帳』には美和明神と記され、『類聚国史』に従一位と記載されており、この地方最古の神社である。

浅間神社は延喜元年(901)、醍醐天皇の勅願により富士山本宮より分祀され、爾来富士新宮として国司の尊崇を受ける。

大歳御祖神社は応神天皇4年(273)今から1700年ほど前に、古代この地方の物流の拠点、商業の中心地であった「安倍の市」の守護神として創祀され、延喜式内社であり、『国内神名帳』に正二位奈古屋明神と記され、静岡市の地主神である。

三社とも朝廷をはじめ国司・武将等の崇敬すこぶる篤く、駿河国総社・静岡の総氏神さま、駿河の大社として広く信仰されている。

御本社神部神社・浅間神社・大歳御祖神社のほかに境内には、麓山神社・八千戈神社・少彦名神社・玉鉾神社の四境内社が鎮座している。

静岡浅間神社御由緒より

御祭神

浅間神社主祭神

  • 木之花咲耶姫命

浅間神社配祀神

  • 瓊々杵命
  • 栲幡千々姫命

神部神社主祭神

  • 大己貴命

神部神社配祀神

  • 瓊々杵命
  • 栲幡千々姫命
  • 東照宮

大歳御祖神社主祭神

  • 大歳御祖命

大歳御祖神社配祀神

  • 雷神

所在地

静岡県静岡市葵区宮ケ崎町102-1

神社写真

神部神社・浅間神社共通の大拝殿。大拝殿の奥に神部神社・浅間神社の御本殿が鎮座しています。

静岡浅間神社_大拝殿

大歳御祖神社拝殿。

大歳御祖神社_拝殿

境内社の麓山神社。主祭神は大山祇命(浅間神社主祭神の木之花咲耶姫命の父神)。配祀神は日本武尊。

麓山神社

境内社の八千戈神社。主祭神は八千戈命(神部神社主祭神の大己貴命の荒御魂神)。相殿神は浅間神社末社九社の神々【三之御前社・瓊瓊杵尊】【八幡宮・誉田別尊】【外宮・豊受姫命】【北野神社・天児屋根命】【北野神社・天満大自在天神】【王子社・火闌降命】【春日神社・天児屋根命】【結神社・高皇産霊尊】【荒神社・素盞嗚尊】、大歳御祖神社末社三社の神々【稲荷神社・保食神】【宗像神社・三女神】【荒神社・素盞嗚尊】、麓山神社末社三社の神々【熊野神社・伊弉册命】【岩戸神社・日本武尊】【荒神社・素盞嗚尊】、旧安倍郡城内鎮座【稲荷神社・保食神】、旧安倍郡明屋敷村鎮座【国分天神・菅原道真公】【騎射御霊・崇道盡敬皇帝】。

八千戈神社

境内社の少彦名神社。主祭神は少彦名命。相殿神は神部神社の末社十四社の神々【日少宮・伊弉諾尊】【諏訪神社・健御名方命】【天津神社・高皇産霊神】【内宮・天照大御神】【賤機神社・栲幡千千姫命】【足高神社・味耜高彦根命】【三島神社・大山祇命】【杵築神社・大己貴命】【八幡宮・誉田別命】【伊邪那岐神社・近江国多賀神同体】【宗像神社・三女神】【母神社・稲田姫命】【荒神社・素盞嗚尊】【伊弉那美神社・紀伊国熊野神同体】。

少彦名神社

境内社の玉鉾神社。御祭神は羽倉東麿・岡部真渕・本居宣長・平田篤胤。

玉鉾神社

御朱印

授与所で頂きました。

静岡浅間神社_御朱印

大歳御祖神社_御朱印

御朱印帳

静岡浅間神社_御朱印帳

関連記事:静岡県の神社神社トップページ

神社
スポンサーリンク
こじろーらいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました