【神社】細江神社-静岡県浜松市

細江神社_拝殿 神社

御由緒

名神大社 角避比古神社(元国幣中社)は浜名郡新居町 に御鎮座、第五十五代文徳天皇嘉祥三年(八五〇年)官社 に列せられた立派な神社で、浜名湖入口の守護神として氏 子の方々に厚く信仰されていたが、第百三代後土御門天皇 明応七年(一四九八年)八月二十五日、大地震、大海嘯が おこり、神殿、建造物がことごとく流没したが、奇跡的に ご神体は、村櫛をへて、伊目の十三本松に漂着、里人は隠 岐大明神の地に仮宮を建てて祀った。

しかし十二年後再び地震による大津波のため、気賀の赤 池へと漂着された。気賀の里人はこの地に仮宮を建てて祀 り、翌月九月現今の地に社殿を建て、牛頭天王社と称え祀 ることとなった。以来気賀の総鎮守としてあがめられ、明 治六年三月、神社の社格が郷社となったが、戦後はこの制 度は廃止となった。

赤池の里は当社より約三百米東南にあり、例祭日には神 輿の渡御が行われる。

細江神社御由緒より

御祭神

  • 素盞嗚尊(すさのおのみこと)
  • 奇稲田姫尊(くしいなだひめのみこと)

所在地

静岡県浜松市北区細江町気賀996

神社写真

社号標と境内入口の鳥居。

細江神社_社号標

拝殿。

細江神社_拝殿

御朱印

無人でしたが書置きが置いてありましたので、お賽銭箱に気持ちを入れて頂きました。

細江神社_御朱印

関連記事:静岡県の神社神社トップページ

神社
スポンサーリンク
こじろーらいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました