靖国神社の御朱印-東京都千代田区

東京都

御祭神

嘉永六年(一八五三)以降、明治維新、戊辰の役、西南の役、日清戦争、日露戦争、満州事変、支那事変、大東亜戦争(第二次世界大戦)などの対外事変や戦争に際して、ひたすら「国安かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた二百四十六万六千余柱の神霊

御由緒

靖國神社の起源は、明治二年(一八六九)六月二十九日に建てられた東京招魂社に遡ります。当時の日本は、近代的統一国家として大きく生まれ変わろうとす歴史的大変革(明治維新)の過程にあり、そうした大変革は一方において国内に避けることのできない不幸な戦い(戊辰戦争)を生み、近代国家建設のために尽力した多くの同志の尊い命が失われる結果となりました。そこで明治天皇は、国家のために一命を捧げられたこれらの人々の霊を慰め、その事績を後世に伝えようと、東京九段のこの地に「招魂社」を創建されたのです。東京招魂社はその後、明治十二年(一八七九)六月四日に「靖國神社」と改称されて、現在に至っています。

靖國神社参拝のしおりより

所在地

東京都千代田区九段北3-1-1

御朱印授与

参集殿で頂きました。

靖國神社・御朱印

関連記事:東京都の神社の御朱印・御朱印帳

東京都
スポンサーリンク
こじろーらいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました