石濱神社の御朱印-東京都荒川区

石濱神社 東京都

御祭神

天照大御神(あまてらすおおみかみ)

豊受大御神(とようけのおおみかみ)

御由緒

聖武天皇の神亀元年(七二四)九月十一日勅願により鎮座。文治五年(一一八九)源頼朝の奥州藤原氏攻めに際しての社殿の寄進、弘安四年(一二八一)蒙古襲来の折には必勝を祈念しての鎌倉将軍家お取次ぎによる官幣の奉幣などを経て、中世初めには大社として発展する。殊に、千葉氏、宇都宮氏など関東武将の信仰は篤く、関八州より多くの参詣者を集めたと伝えられる。東に隅田の大川、西に霊峰富士、北に名山筑波といった名勝に恵まれ、江戸近世における社運はさらに隆昌「江戸名所図会」などにも大きく収められるところとなり、「神明さん」の通称のもと、市民の間にその名を馳せ、明治五年には社格が郷社に列せられた。

石濱神社ご由緒より

所在地

東京都荒川区南千住3-28-58

御朱印授与

授与所で頂きました。

石濱神社_御朱印

関連記事:東京都の神社の御朱印・御朱印帳

東京都
スポンサーリンク
こじろーらいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました