宗像神社の御朱印-京都府京都市

御祭神

多紀理比売命(たぎりひめのみこと)

多岐津比売命(たぎつひめのみこと)

市岐嶋比売命(いちきしまひめのみこと)

御三組の大神を総称して宗像大神と申し上げます。

御由緒

宗像大神は、古事記、日本書記にお記す通り、遠く日本建国にあたり、天孫降臨に先立って、御親神天照大御神より「汝三神の神は、宜しく道の中に降りまして、天孫を助けて奉りて、天孫の為に祭かれよ」と御神勅をいただいて、九州の福岡の宗像の地に鎮まり給うたのであります。

京都御苑の宗像神社は、延暦十四年(平安京創立の翌年)、後の太政大臣藤原冬嗣公が桓武天皇の命によって、皇居鎮護の神として祀られたのが始めです。

帝王編年記、三代実録の古文書の中に当社を小一条殿と称され、清和源氏の祖、清和天皇御降誕の地と記されています。

枕草子、花山院家記には、花山天皇の御代、内裏を一時当社に移され、花山院殿と称されたことがあると記されています。

このように、皇室との関係も深く、千二百年来皇居守護の神として、御歴代の御尊崇厚く宮中より官幣、神饌の御供進もあり、公卿公達の参拝も多く賑わった御社です。

宗像神社参拝のしおりより

所在地

京都府京都市上京区京都御苑9

御朱印授与

社務所で頂きました。

宗像神社_御朱印

関連記事:京都府の神社の御朱印・御朱印帳

京都府
スポンサーリンク
こじろーらいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました