氷川神社の御朱印-埼玉県川越市

埼玉県

御祭神

素盞嗚尊(すさのおのみこと)

奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)

手摩乳命(てなづちのみこと)

脚摩乳命(あしなづちのみこと)

大己貴命(おおなむちのみこと)

御由緒

古墳時代の欽明天皇二年九月十五日鎮座。武蔵国造が大宮氷川神社より分祀、奉斎したという。

下って室町時代の長禄元(一四五七)年、川越城の築城にあたった太田資長(のちの道灌)は篤く当社を崇敬し、献詠和歌を残している。また、戦国時代の天文六(一五三七)年の合戦の様子を描いた「川越軍記」には、その当時も人々の参詣が盛んであったことが記されている。小田原北条氏滅亡後の天正十九(一五九一)年以来、関東を支配した徳川氏は、重臣を川越城主として江戸北方の守りにつかせたが、以後、幕末まで歴代城主は藩領の総鎮守として当社を崇敬し、文禄四(一五九五)年酒井忠利が社領を寄進したのをはじめとして、その後老中松平信綱らが社領を加増、さらに寛永五(一六二八)年酒井忠勝が本殿を修理した。その後老中柳沢吉保らが社殿の造営費の寄進や修理を行うなどし、嘉永二(一八四九)年松平斎典の代に現在の本殿が竣工している。

氷川神社参拝のしおりより

所在地

埼玉県川越市宮下町2-11-3

御朱印授与

授与所で頂きました。

氷川神社・御朱印

関連記事:埼玉県の神社の御朱印・御朱印帳

埼玉県
スポンサーリンク
こじろーらいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました