種の種類

様々な種 種雑記
様々な種

種苗店やホームセンターには、多くの野菜の種が売られています。皆さんは何を基準に種を買うでしょうか。

例えば、大根で同じ容量なのに200円くらいのものもあれば、500円くらいのものもあります。ここで種の袋に注目してほしいのですが、値段の高い種には間違いなく”〇〇交配”という文字が印字されています。逆に、値段の安い種には”〇〇交配”の文字は印字されていません。これは、種の種類が違うことが原因で、値段に差が出てしまうのです。

種にはどんな種類があるのでしょうか。それは、在来種、固定種、交配種(F1)の3種類に分けられます。前出の種の袋の説明で、”〇〇交配”の種が交配種(F1)、そうではないのが固定種です。あれ?在来種はどこに行ったの?と疑問を抱くかもしれません。在来種は大抵は固定種ですが、交配種のものもあります。それでは、それぞれどういったものなのかを見ていきましょう。

固定種

固定種とは、遺伝的に多様性を持つ作物の選抜を繰り返した結果、性質が一定にそろい、他の品種と区別ができる品種のことをいいます。遺伝的にそろっている純系の品種ではありません。

実際に栽培してみると、交配種(F1)に比べるとばらつきが大きいことが実感できます。純系ではなく、多様な遺伝子を持った結果、それぞれの野菜に個性が出るのです。それをさらに同じ性質のもので選抜すれば、より一層性質が一定にそろいます。

自家採種をするのであれば、固定種が一番やりやすい品種です。それは、自分で種を採っても、きちんと選抜すればある程度性質が一定にそろうからです。

交配種(F1品種)

交配種とは、性質の異なる品種を掛け合わせて生まれた品種のことをいいます。雑種の第一世代(F1世代)は雑種強勢により、両親の平均かそれ以上に生育・耐病・収量等が優れるという性質を持っています。そのため、多くの野菜でF1世代を利用した交配種が育成されています。

F1品種から採種したF2世代では親の性質がバラバラになって子孫に伝わるため、F1世代とは現れる性質が異なります。そのため、F2世代は育成状況・形状・耐病・収量・味に非常にばらつきがあり、適当に採種した場合は品質が全く固定化されません。

在来種

在来種とは、特定の地方の風土や栽培方法に適応し、その地方で長年栽培されている作物のことです。ご当地野菜、伝統野菜などと呼ばれています。一般的に固定種で、他の地域で栽培してもその特性を発揮しにくく、似て非なる野菜になるかもしれません。しかし、何度も自家採種をしていくと、その地域に適した特性を発揮していきます。ご当地野菜を特産化するために品種改良されている場合もあり、交配種に属するものもあります。

 

 

種雑記
スポンサーリンク
こじろーらいふ

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

タイトルとURLをコピーしました