ナスの自家採種

乾燥したナスの種 自家採種
スポンサーリンク

ナスの概要

ナスの来歴

ナス科ナス属。

原産地として考えられているインド東部の熱帯雨林地帯は、日本と同じモンスーン地帯の気候ですが、冬でも18度以上あり、多年性として生育しています。日本への渡来は大変古く、遅くとも7~8世紀には中国から渡来し栽培が始まったと考えられています。ナスは日本の風土と食習慣に根差した野菜で、多様な地方品種があります。日本海側の東北日本で小丸タイプ・早生種として分化していった一群と、西南暖地に土着して分化していった長ナス・晩生系の一群があります。更に、これらが混じり合って、関東から中国地方にかけて卵形から中長形の品種が分化したと考えられています。北陸から関西には丸ナス品種が多く分化しています。

栽培・採種している品種

私が栽培・採種している品種は、長卵形~中長ナスが品種不明(地元の農業委員会の方からもらった苗から採種したもの)、丸~巾着形ナスが信越水ナス(自然農法国際研究開発センター)です。

ナスの自家採種

受精方法・交雑の注意点

ナスは自殖性作物ですが、10~20%の自然交雑がみられ、他殖もします。従って、単一品種を採種するのであれば問題ありませんが、異なる品種を同じ畑で採取するのであれば袋がけします。私は同じ畑では単一品種しか栽培しないようにし、自殖に任せています。

母本選抜の基準

ナスでは1果当たりの種の量が多いため、家庭菜園では1~2株ほど選抜して採種します。

初期育成

果菜類全般にいえることですが、定植後の活着がよく、アブラムシがつかないか、ついても育成が停滞しない株に注目します。虫害が少なく育成が停滞しない株は根系の発達がよく、茎葉や花芽も充実します。

草勢

株元の茎が太く、側枝が多い株は根張りがよいと判断できます。採種栽培は食用栽培と違い、施肥を控えて果実を完熟させるため、その負担によって草勢は低下し、下葉が黄化して脱落します。従って、初期育成だけでなく、採種果の負担に負けずに最後まで健全な育成をする株を選ぶようにします。

果実

採種果を着果させる直前の、最も草勢や果実の特徴のわかりやすい時期に果実の形質を選抜します。着果性、色つやや大きさ、果皮や果肉の硬さ、肉質、食味など、品種固有の特徴をもっている果実を選びます。

採種果の管理

着果時期

採種果の収穫時期は、着果後55~60日が目安です。平均気温17度を割り込み日から夏に向かって60日さかのぼった時期に着果させます。冷涼地で8月初旬、温暖地では8月中旬が目安です。1果当たりの採種量が多いため、採種果は1~3個つければよいでしょう。

摘花・摘果

採種果をつけたら、充実した種をとるためになるべく長くつけておきたいので、それ以外の花や果実は定期的に摘みます。ナスの花は、水平か下向きに咲き、雌しべが雄しべより長いか同じくらいの長さで、受精しやすい構造になっています。しかし、日照不足や高温、栄養状態が悪いと雌しべが短くなり受精できない花になってしまいます。そうした花は早めに摘花して樹勢を強くします。

採種と保存

収穫・追熟

採種果内部の種が発芽力をもつようになるには、最低40日は木から栄養補給を受ける必要があるので、できるだけ長く木につけておきます。着果後50~60日経って紫色が抜けて黄褐色になり、一時固くなったのが少し軟らかく弾力をもつようになった完熟果を収穫します。収穫した果実内の養分を種に転流させるため、雨の当たらない日陰で2~3週間ほど常温で追熟します。腐敗果からは採種しないように注意します。完熟したナス

種出し

収穫した果実は、軟らかくなるまで風通しのよい日陰で7日ほど追熟します。追熟した果実を切り、スプーンでゼリー状の部分ごとかき出します。そのとき、水が入らないように注意します。

水洗い・すすぎ

皮を破らないように果実をもみ込みます。果実を切り開き、容器の中でもみ込んで軟らかくなった果実から種を水中にもみ出します。ナスの水洗い

浮いたしいなや果肉などは洗い流し、水が透明になるまですすぎ洗いをして沈んだ種を採種します。すすぎ洗いしたナスの種

乾燥

水気をよく切り、風通しのよい場所で天日干しをして十分乾燥します。天日乾燥後、3日ほど風通しのよい日陰で乾燥させます。乾燥したナスの種

保存

ナスの種は長命なので、低温・乾燥状態を維持すれば、4~5年程度は高い発芽率を保つことができます。

自家採種
スポンサーリンク
こじろーらいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました