トウモロコシの種まきから自家採種まで

トウモロコシの種 自家採種
トウモロコシの種
スポンサーリンク

トウモロコシの概要

トウモロコシの来歴

イネ科トウモロコシ属。

トウモロコシはメキシコ、ペルー、ボリビアなどでは古くから栽培されていたため、中南米が原産地と考えられていますが、詳細な地域は特定されていません。

インディオの人たちは古くからトウモロコシを主食として栽培していましたが、一つの畑でも多くの個体差があり、品種として識別できないくらい雑多なものを栽培していました。一つの穂に定番の黄色から、赤・白・青・緑など、日本では見ることがない色のトウモロコシの粒がついています。雑多なトウモロコシを栽培していたのは、気象などの栽培条件が毎年変わる中でどれかがその年の条件に合えばよいという、危機分散のためです。単一品種しか育てていないと、条件によって豊作だったり凶作だったりと収量の差が大きくなります。雑多な品種を栽培するのは、収量をなるべく均一化(凶作の影響を少なく)するためで、経験から遺伝子多様性の重要性を知っていたのだと思われます。

トウモロコシの種類は大きく6つに分類され、フリントコーン、デントコーン、ポップコーン、ソフトコーン、ワキシーコーン、スイートコーンがあります。トウモロコシを粉にして主食としている人たちはフリントコーンやソフトコーンを、家畜の飼料としてデントコーンを栽培しています。日本で売られているのはほぼスイートコーンです。日本で昔に栽培されていた、くろもち・しろもちトウモロコシはワキシーコーンです。ポップコーンはお菓子の原料として栽培されています。

受精方法・交雑の注意点

トウモロコシは茎の先端に雄穂がつき、葉のわきから雌穂が出ます。雄穂は雌穂より1~3日先に成熟して花粉を出す他殖性の強い作物です。トウモロコシの花粉は風で飛ばされ受粉します。風が強い時は300~500mも飛散しますが、この範囲に他の品種がなければ交雑の心配はありません。もし近くに他の品種が栽培されていれば、2週間程度種まきをずらして出穂の時期をずらすか、袋がけをして人工交配を行い、交雑を防ぎます。デントコーンやフリントコーンなどの花粉がスイートコーンに受精すると、キセニアという現象によってスイートコーンの甘みがなくなってしまいます。そうなった場合、食用・採種ともに適さなくなります。

栽培・採種している品種

私が栽培・採種している品種は、スイートコーンのモチットコーン(自然農法国際研究開発センター)のみです。数年前までは、ワキシーコーンの黒もちとうもろこし(高木農園)と白もちとうもろこし(高木農園)を栽培・採種していましたが、モチットコーンに切り替えてからは交雑するためやめてしまいました。黒もちとうもろこしと白もちとうもろこしは同じワキシーコーンなので、多少混ざっても色がカラフルになる程度しか影響はなかったのですが、モチッココーンはスイートコーンなので交雑すると特性が変わるためです。

母本選抜の基準

スイートコーンは、少数の株から採種し続けると近交弱勢が起こりやすい作物です。理想をいえば50株以上からの採種が望ましいらしいのですが、家庭菜園ではそんなに栽培しません。それでも最低限10株以上栽培し、採種するようにしてください。

初期育成

葉に食害や奇形がなく、生育がよいものを選んで間引きの時に残します。草勢は茎が太くて長い株を選びます。その中から、収穫期に入っても倒伏しない株を選びます。

果実・着果

雌穂の着生位置は、下の方ほど倒伏に強いが穂が小さくなる傾向があり、上の方ほど頂芽優勢で大きくなる傾向があります。果実は大きい穂で、先端不稔がなく(雌穂の先まで実のはいりがよい)、アワノメイガなど害虫の食害がないものを選びます。

交配してから25日後ころに雌穂の先端の苞葉をめくって、刃物で実を一部削り取って味見します。甘みの強さや種皮の厚さなど好みのものを選び、印をつけておきます。同時に先端不稔や害虫についても調査しておきます。

交配と採種の管理

交雑の心配がない場合

500m以内に他の品種や種類のトウモロコシがなければ交雑の心配はないので、採種用に選抜した株の雄穂を開花前に切除して、自殖を防ぐだけで構いません。

交雑の心配がある場合

雌穂は絹糸が外に出ていないものに袋がけを行います。雌穂に袋をかける前に、絹糸の先端を苞葉とともにハサミで切り揃えます。こうすることで絹糸が一斉に抽出し、人工交配後の実つきがよくなります。雄穂は先端からわずかに花粉が出ているものを選んで袋がけします。スイートコーンの花粉は風で容易に飛散するため、袋がけ前の穂には他品種の花粉が付着している可能性があります。花粉は24時間経つと死滅するので、袋がけは交配予定時間の24時間以上前に行います。

雄穂は袋がけから24時間後に交配が可能ですが、雄穂は切りそろえた絹糸が3~4cmくらいの長さにそろうまで交配を待ちます。好天が続けば、袋がけから2日程度で交配適期になります。スイートコーンは日中であればいつでも交配が可能です。雨天の場合は天候の回復を待ってから交配します。同一株から採種した花粉で交配すると近交弱勢になるおそれがあるので、交配する花粉は同一品種の他の株から採取したものを使います。

雄穂の付け根部を傾け、袋をかけたまま雄穂をゆらして、袋の中に花粉を落とします。落とした花粉は雄穂をまげて袋を外して回収します。この要領で複数株から採取した花粉をまとめてよく混ぜます。雄穂は3~5日程度花粉を出すので、悪天候などで受粉がうまくいかなかった場合でも再度花粉を採取できます。雌穂の袋を外し、この花粉を雌穂の絹糸にふりかけ交配させます。交配後の雌穂は種の収穫までまた袋をかけたままにしておきます。

採種・乾燥・保存

採種・乾燥

交配してから45~50日で種として収穫できます。穂の苞葉をむき、雨の当たらない風通しのよい場所で1~2ヶ月乾燥します。乾燥が完了したら、穂から病虫害や障害を受けた粒を取り除いてから脱粒します。これを天日で2~3日干して、さらに病虫害粒や小粒(しいな)を除いて調整します。

スイートコーン:黄

スイートコーンの乾燥した穂

ワキシーコーン:黒

ワキシーコーン(黒)の乾燥した穂

ワキシーコーン:白

ワキシーコーン(白)の乾燥した穂

保存

スイートコーンの種の寿命は通常2~3年程度ですが、保冷・乾燥条件下であれば5年程度は十分使用可能です。

トウモロコシの種

コメント

タイトルとURLをコピーしました