【神社】濱名惣社神明宮-静岡県浜松市

濱名惣社神明宮_拝殿 神社

御由緒

創立の年月は不詳ですが、垂仁天皇の皇女倭姫命が大和の笠縫邑より天照皇大御神の御霊(御神鏡)を奉じて御鎮座の地を求め当社地に四十余日滞在され、のちに御神託により伊勢の国に向かわれたといわれております。このことから、当時の創立と思われ、又当社は浜名の総社として、浜名神戸の本拠として崇敬されてきました。

延喜式(九〇一~九二二)神名帳に記されている遠江国浜名郡英多神社に当り式内社です。

豊臣家や、徳川家歴代将軍の崇敬も篤く四十二石の朱印領を賜っていました。

明治六年より昭和二十年まで郷社として信奉されてきました。

濱名惣社神明宮御由緒より

御祭神

  • 天照皇大御神(あまてらすすめおおみかみ)

所在地

静岡県浜松市北区三ケ日町三ケ日122

神社写真

境内入口の鳥居。

濱名惣社神明宮_鳥居

拝殿。

濱名惣社神明宮_拝殿

御朱印

社務所で頂きました。

濱名惣社神明宮_御朱印

関連記事:静岡県の神社神社トップページ

神社
スポンサーリンク
こじろーらいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました