三重県

椿大神社の御朱印-三重県鈴鹿市

御祭神 主神 猿田彦大神(さるたひこのおおかみ) 相殿 瓊々杵尊(ににぎのみこと) 栲幡千々姫命(たくはたちちひめのみこと) 配祀 天之鈿女命(あめのうずめのみこと) 木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと) 前...
三重県

都波岐奈加等神社の御朱印-三重県鈴鹿市

都波岐神社御祭神 猿田彦大神(さるたひこおおかみ) 奈加等神社御祭神 天椹野命(あめのくぬのみこと) 中筒之男命(なかつつのおのみこと) 御由緒 当都波岐奈加等神社は、延喜式内で小社ではあるが、伊賀国一の宮である。創立は、雄...
三重県

猿田彦神社の御朱印-三重県伊勢市

主神 猿田彦大神(さるたひこおおかみ) 相殿 大田命(おおたのみこと) 御由緒 猿田彦大神は天孫降臨の時、天八衢に待ち迎えて、啓行をされ、天孫を高千穂へと導かれてから、天宇受売命に送られて、伊勢の五十鈴の川上に来られ、ここ...
スポンサーリンク
三重県

石神社(三重県鳥羽市)の御朱印

御祭神 玉依姫命(たまよりひめのみこと) 御由緒 この祭神は神武天皇の母であり綿津見神の娘である玉依姫命です。その昔、正月のある晩、島田髷に結った女神が石上さんの元に現れたという言い伝えを、相差の海女が古くから信仰し、海に潜る...
三重県

瀧原宮(三重県度会郡大紀町)の御朱印

御祭神 瀧原宮  天照坐皇大御神御魂(あまてらしますすめおおかみのみたま) 滝原竝宮 天照坐皇大御神御魂(あまてらしますすめおおかみのみたま) 御由緒 瀧原宮、滝原竝宮の御鎮座の由緒は大変古く、「倭姫命世記」によると、約...
東京都

大國魂神社(東京都府中市)の御朱印

御祭神及び神座の順序 西殿(向かって右): 六ノ宮 杉山大神(神奈川県横浜市緑区西八朔208) 五ノ宮 金佐奈大神(埼玉県児玉郡神川町750) 四ノ宮 秩父大神(埼玉県秩父市番場町1-3) 中殿: 御霊大神 ...
長野県

戸隠神社九頭龍社(長野県長野市)の御朱印

御祭神 九頭龍大神(くずりゅうのおおかみ) 御由緒 古事記・日本書記に次ぐ古典「旧事紀」によると、第八代孝元天皇五年(前二一〇)に、天手力雄命が奥社の地に鎮まられました。その後、康平元年(一〇五八)宝光社に、さらに三十年を経て...
長野県

戸隠神社奥社(長野県長野市)の御朱印

御祭神 天手力雄命(あめのたじからおのみこと) 御由緒 古事記・日本書記に次ぐ古典「旧事紀」によると、第八代孝元天皇五年(前二一〇)に、天手力雄命が奥社の地に鎮まられました。その後、康平元年(一〇五八)宝光社に、さらに三十年を...
長野県

戸隠神社中社(長野県長野市)の御朱印

御祭神 天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと) 御由緒 古事記・日本書記に次ぐ古典「旧事紀」によると、第八代孝元天皇五年(前二一〇)に、天手力雄命が奥社の地に鎮まられました。その後、康平元年(一〇五八)宝光社に、さら...
長野県

戸隠神社火之御子社(長野県長野市)の御朱印

御祭神 天細女命(あめのうずめのみこと) 御由緒 古事記・日本書記に次ぐ古典「旧事紀」によると、第八代孝元天皇五年(前二一〇)に、天手力雄命が奥社の地に鎮まられました。その後、康平元年(一〇五八)宝光社に、さらに三十年を経て中...
タイトルとURLをコピーしました